UVERworldと僕と10kmランニングを語る

UVERworldという日本のロックバンドをご存知でしょうか。

かれこれ10年以上彼らの音楽を聴き続けている僕です。10年以上彼らの音楽をほぼ毎日聴いていても、未だに飽きることはありません。むしろ10年前よりもさらに彼らのことが好きになり、彼らの音楽に没頭しています。その理由は彼らの音楽が成長し続けているからです。

UVERworldによって僕の人生が変わったといっても過言ではありません。

今日はそんなUVERworldと僕との出会いなどについて語ります。

 

出会いは中学のSHAMROCK!!

 

SHAMROCK (初回限定盤)(DVD付)

僕が中学生の頃に友人から借りたCDがUVERworldの『SHAMROCK』でした。

メジャーデビューして間もなかった彼らの音楽に、借りたCDからハマったのがきっかけでした。当時はスマホもiPodもなかったので、MDに音楽を入れて毎日聴いていました。それから『君の好きなうた』『激動』『儚くも永久のカナシ』などでオリコンランキングにどんどん楽曲がランクイン。

UVERworldの人気が上がっていくことが、僕にとっても非常に嬉しいことでした。

 

UVERworldのライブが熱かった

ライブにも何度か参加したこともありますが、回数は少なくて、ファンになってから4回ほどしか行ったことがありません。(もっと新潟に来て欲しい!)

数少ないライブ鑑賞で、毎回感じるのは彼らの圧倒的熱量。UVERworldのライブの見所は、とにかく熱いことです。

音楽に真剣だからこそ、本気で放つメッセージが心に突き刺さるのです。そんなUVERworldのライブMCも見所の一つです。

ボーカルのTAKUYA∞さんが放つ魂のメッセージは各著名人も絶賛されています。俳優の綾野剛さんや芸人TKOの木下さんなど。

YouTubeで検索をするとライブ動画がいくつか出てくるので気になったらぜひ調べて見てください。

何度かライブに参加をしたり、DVDでライブ映像を見るたびに、時には涙しながら心に熱いものがこみ上げてくるのを感じていました。

 

いつしかその熱いものが憧れに変わり、TAKUYA∞さんに憧れを抱くようになりました。

 

ファンクラブ会員になりそしてランナーへ

UVERworldのライブの人気は半端ではなくて、チケットを入手することが難しい状況です。少しでもチケット入手率を高めるために、ほんの数年前なのですが、UVERworldのファンクラブに入会しました。会員になると様々な特典が付いてくるのですが、その一つにTAKUYA∞さんのオフィシャルブログを閲覧できるようになる特典がありました。

そこに書いてあるのは、TAKUYA∞さんの本当に身近な日常でした。ライブのことや最近ハマっている食べ物のこと。震災後の心境なども綴られており、彼が普段からどのように音楽や生き様に向き合っているのかというのが、ブログを通じて伝わってくるようでした。

読み進めるうちにどんどん彼に対する憧れ度数は急上昇していくようでした。

 

そんな中ふと目についたのは、彼が毎日10km走っているという衝撃的な事実でした。

37歳を超えた現在(2017年)も毎日10km走っているのです。これはブログを読み進めていて一番驚いたことでした。

 

10kmという距離が衝撃的だったこと。

しかも365日走り続けているということ。

なぜバンドマンである彼がそんなにストイックなことに挑戦し続けていられるのか。

正直、不思議でならなかったです。

 

彼はよく言うのですが、毎日10km走る理由は、「UVERworldのメンバーになれば分かる」のだそうです。確かにUVERworldというバンドは熱量が半端ではありません。熱量を維持するためのモチベーションもそうですが、一番必要なのはやはり体力。体力がなければあのようなハードなライブはこなすことが出来ないと思います。

では体力維持のために走っているのか?というとそうとも言い切れないと思います。あくまでUVERworldというバンドを成り立たせるためには、走ることで得られる体力と(瞑想にも似た)思考する力が必要だと僕は思います。

 

毎日10km走ること。本当にすごい、凄すぎる!

強烈に彼へのリスペクト心が揺さぶられました。

 

TAKUYA∞に近づくために

ブログを一通り読み終えた後、憧れに近づくためにはどうしたらいいのかを真剣に考えました。

彼はおしゃれでルックスもいい。音楽センスも抜群で交友関係も広い。性格も明るいし情熱的だ。

僕が追いつこうとしても追いつける範囲ではないなと。またバンドマンを目指すことや自分の性格を変えることまで想像がつきませんでした。

 

僕がTAKUYA∞さんに近づくためにできる、唯一可能性があるかもしれないこと。

それがランニングでした。

 

もちろん10kmなんていう距離は社会人になってから一度も走ったことのない「超」長距離です。学生時代にもそんな距離は走ったことがなかったかもしれません。できそうなこと、と言ってもそれはほぼ不可能に近い挑戦でした。

それでも憧れに近づきたい気持ちと、当時は仕事が嫌でしょうがなかったので、少しでも人生を変えるきっかけになればいいとも思っていました。そうして毎日10km走る決意をしたのでした。

 

闘い続ける毎日に

そうして毎日10kmランの挑戦が始まったわけです。走り始めたのが2015年の4月30日。そこから3ヶ月間休まず10km走ることに成功しました。最初は筋肉痛との闘いで、日常生活に支障をきたすほどの痛みを抱えなが過ごしていました。しかし体は不思議なもので、自然と痛みを感じることもなくなりました。

走りこむたび、走ることについて深く考えることも増えました。自分がいまどのように考えて、そしてどうなっていきたいのか。浮かんでは消えるその思考は、普通に過ごしてきた今までとの体験とは全く異なったものでした。

 

その後もほとんど休まず10kmランを継続し、今に至ります。果たして僕は憧れのTAKUYA∞さんに近づけたのでしょうか。

実は一度だけ東京のとあるライブハウスでTAKUYA∞さんに会うことができました。

いや正確にはライブ中に彼が僕の前を通り過ぎただけだったのですが…。それでも一瞬でも彼が近くにいたという事実は、僕が10km走り続けてきて本当によかったと思える感動につながりました。

憧れに一瞬でも近づけたこと。これが僕のモチベーションにもつながり、今でも10kmランは欠かしていません。今度は彼と会話ができるぐらいもっと走ることに真剣でいようと思いました。

 

【関連記事】

※奇跡が起こりました

 

祈りながら走ること

走ることで夢や目標が叶うわけではないことは百も承知です。走ったことで得られる思考や体力を使って、達成までの力に変えることが大切なのです。

10kmランは暗闇の中を走り続けることと同じことだと思います。これは努力と呼べるのだろうか。こんなことをしていて本当に目標は達成できるのだろうか。それは誰にもわかりません。

しかし夢に向かって進んでいるという感覚は、走っているまさにその時に感じます。それはいつか起きる奇跡のために一歩ずつ踏み出していることに繋がると思うのです。

 

UVERworldで『PRAYING RUN』という曲がありますが、まさしくTAKUYA∞さんが毎日10km走る理由や熱意を表した曲と言えるでしょう。

気持ちだけが進んでくのに 理想は遠く追いつけそうにない

暗闇を目隠ししたまま ひたすら前にあてもなく

それでも走ってるときだけは 夢に向かって進んでるようで

ときどき目から水がこぼれるけど それも幸せだと思えてるよ

努力をせずに夢が叶った人と 努力をしても叶わなかった人

たとえ僕は叶わない人だとしても この足を止めはしないだろう

いつか誰もが驚くような奇跡が この身に起きたとしても

きっと僕だけは驚きはしないだろう 起こるべき奇跡が起きただけさ

祈りよ届け

 

憧れを抱いて今日も走る

UVERworldとの出会いと僕が毎日10km走る理由を紹介しました。

きっかけは些細なことだったと思います。ファンクラブに入会してブログを読んだらTAKUYA∞さんが10km走っていた、よし僕も走ろう。たったのこれだけです。

続けるかどうかが願いを叶えるための鍵だと思います。それを信じてひたすら今日も走るのみ、です。

またいつかTAKUYA∞さんに出会える日を信じて…。

 

それではまた!

 

関連記事

【ランニングがきっかけでロードバイクも始めました↓】

ロードバイクのカテゴリ

【ランニングがきっかけで水泳も始めました↓】

水泳のカテゴリ

【ランニングがきっかけで筋トレも始めました↓】

トレーニングのカテゴリ