水泳始めて1年経つけど練習の成果がようやく出てきた!

トライアスロンまで残り2ヶ月を切りまして、いよいよ焦り始めている管理人です。

 

だって7月はロードバイクに一度も乗っていないんですよ!?

ランニングはいまだに左ひざの故障を引きずっているし!?

9月の本番はいったいどーなっちゃうの!?

 

ちょっぴり不安を感じていたりもするのですが、安心してください。

とりあえずトレーニングは積んでいますから。

 

というわけで、週に2回ほどジムに通って筋トレをしているのですが、それにプラスして水泳の練習もしている管理人です。

 

2016年の2月に競泳水着を購入してから早くも1年と数ヶ月の月日が流れました。

【関連記事】

スポーツショップ店員に聞いた水泳初心者が買うべき水着・用具

 

あの日から水泳の練習を続けてみては休んで、また続けてみては休んでを繰り返していました。

水着を購入したのはいいものの、正直2016年はほとんど泳ぐことはありませんでした。

なにせ毎日10km走っていたのとロードバイクの練習をしていたので、水泳の練習をする体力がなかったからです。

 

ですが、2017年は違います。

トライアスロンに申し込みをしたというのがまず一つ。

そして左ひざの故障により、陸上競技の練習が危ぶまれている今だからこそ、水泳の練習をする時間ができた。

2017年は水泳の練習をしない理由がなくなったのです。

 

練習の成果が出始める

さて、前置きが長くなりましたが、水泳の練習を始めて、ようやく成果が出始めました。

今まで25mを泳いでは一度立ち上がり、息を整えてから再び25mを泳ぐ。

これをおおよそ30分〜40分ほど続けるという練習をしてきました。

実際に泳いでいた距離は1kmほどになると思います。

 

ただ本番で泳ぐ距離は1.5km。

しかも海上。

しかも足の届かない(はず)波立つ海原を、人の群れをかき分けて進まなければいけないのです。

そんな中で僕は果たして、生きて帰ってこれるのか?

かなり心配というか、不安を感じながら水泳の練習をしてきました。

 

これが今までの僕です。

 

快挙達成

今日たまたまジムのプールが空いていたので、「今日は連続して何往復できるか」のチャレンジをしてきました。

6月・7月と練習を重ねてきた僕でしたが、連続遊泳はこれがほぼ初めて。

何気なく泳ぎだしてチャレンジしてみたのですが、結果はなんと500mを優に泳ぎきることができたのです

これは僕の中ではものすごい快挙でした。

 

本番は1.5kmだということはもちろん忘れていません。僕が泳ぎ切ったのはたったの500mでしたが、それでも今まで25mで精一杯だった僕にとっては紛れもなく快挙です。

しかも500mを泳いだ後には「まだ泳げるぞ」という若干の余裕がありました。もしかすると1kmも次は泳げるんではないかと感じています。

 

今までとは違う感覚

以前まではとにかく息が持たなくて、25mにたどり着いてもターンが出来ずに立ち上がってしまっていました。

今は息継ぎのコツを少しずつ覚えて、息は苦しいですが耐えられないほどの苦しさではありません。そして息が苦しいだけなので、体はよく動いてくれます。

 

とにかく僕の今の課題は息が持つかどうか。ここに全てがかかっています。

息継ぎの問題が少しでも緩和されたことが、上達を感じるポイントのひとつです。

 

頭の中で冷静に考えられるようになった

今までは泳いでいる最中はとにかく「息!」「酸素!」「呼吸!」「酸素ゥ!」と、息を吸うことしか考えられずにいたのですが、今ではもう少し考える余裕ができました。

プールを泳いではいるものの、頭の中では海を泳ぐことを想定しています。

 

プールとは違い、人が大勢いることを想定すると、いつ人の手や足が飛んでくるかわかりません。強烈な蹴り足が顔面に当たってしまった場合、呼吸がかなり乱れてしまうでしょう。

さらには荒ぶる波が襲ってきた場合はどうでしょう。思わぬ進路に方向転換を強いられ、思うように泳げない可能性もあります。

そんなときに必要になってくるのは、冷静な判断力です。

 

トライアスロン三種目のうち、一番死に近いのが水泳です。

レース場には常に死が隣りにいるのですから、そこで冷静な判断力がないというのは非常に危険です。

一度危険な状態に陥った場合でも、さっと持ち直す判断力がなければ、一瞬で魚たちの餌になってしまうでしょう。

 

実際にはそんなに危険ではないかも知れない…とタカをくくることは簡単ですが、僕はレースが終わるまでは最悪の事態を常に想定しておきたいのです。なぜなら最悪の事態を想定しながら練習することが、本番で最高のパフォーマンスを発揮できると信じているからです。

 

まとめ

とりあえずは500mを泳ぐことができました。

社会人になってから、学生のときにできなかったことができるようになるという経験は何事にも代えがたい、素晴らしいものだと個人的には思っています。

 

この調子で8月中には1.5km完泳を目指します。

 

それではまた!

 

関連記事

【水泳の呼吸法とは↓】

水泳初心者の悩み「息が苦しくて続きません」

【いまはジムのプールで泳いでいます↓】

平日昼下がり、市営プールの闇を感じた

【疲労骨折は甘くみてはいけない↓】

疲労骨折再発?10kmラン中止?今後のランニング計画の見直し