ランニングの課金沼にハマったら隣の沼にもドボン。総額30万円かかった話。

ランナー歴2年の管理人です。

 

趣味に没頭していくことを、「沼にハマる」という表現をすることがあります。

ここでいう沼という意味は、シンプルに説明するとお金がかかるということです。

よく一眼レフカメラにハマった人が用途に合わせて高額なレンズをあれやこれやと購入していくことを、レンズ沼と表現することがあります。最初は付属していたレンズで満足していたもののそれでは足らず、接写レンズ・望遠レンズ・魚眼レンズと欲しくて欲しくてたまらなくなるという。まさにこれが沼にハマるということです。

 

はてなブックマークで話題になったこちらの記事を読みました。

 

主婦ランナーのくろいわさん(「働くお母さんが走るブログ」の管理人さん)が書いた記事です。

記事の内容は、お金がかからないと聞いて始めたマラソンが、実は奥深くてかつお金がかかる課金沼だったという話。思わず声を上げて笑いながら読んだのですが、同時に確かにそうだよなあと感心しました。

 

ランニングにかかる初期費用

他の趣味に比べてランニングにかかる初期費用は安いです。手軽に始められるのがランニングを趣味としておすすめできる要因の一つだと思います。

ランニングシューズは、安いとセール品で5000円〜10000円以下で購入できます。基本的に走るだけであればシューズさえ用意すればすぐにでも始められます。

ウェアだの何だのは二の次です。まずはランニングを始めるのであれば、シューズ一足を用意すればそれでOKなのです。

 

その後に沼にハマってしまうかどうかはあなた次第なのですが…。

 

ランニング歴2年で用意したもの一覧

ランニングを始めてから約2年が経過したのですが、それなりに沼にハマってきました。高額なアイテムを購入した記憶はないのですが、振り返って見るとそれなりにお金を使ってきたなという印象です。

以下、僕が揃えたランニングアイテムをまとめてみました。

 

(購入した順番で記載)

・ランニングシューズ4足

・ランニングキャップ3着

・スマホポーチ

・ワイヤレスイヤホン

・ランニングウェア

・ウインドブレーカー

・完全防寒用ウインドブレーカー

・日焼け止め用マスク

・アブローラー

 

ランニングシューズですが、練習と本番で使い分けをしていないので、基本的に一足履きつぶしては買い換えています。ほぼ毎日走ってきて、10kmランニングを365日続けてきたりもしたので、だいたい1年で1回買い換えるペースです。おそらく今年も夏頃に買い換えないといけないかもしれません。靴底がもうボロボロのなので。

加えて雪道用のランニングシューズを購入したので、合計4足。まだこれでも少ない方だと思うのですが、ランニングをしていない人にとっては多いかもしれません。

 

貧乏性なので、高額アイテムに手を出すことは今後ないんじゃないかなあと思うのですが、アイテムそれぞれに寿命はあるので買い換えは避けられないでしょう。

 

ランニング歴2年でかかったアイテムの費用はざっと7〜9万円以下といったところでしょうか。

 

大会でかかった費用

ランニングをしていると自分のレベルが今どこにあるのか気になるものです。2年前に腕試しで新潟シティマラソンに参加して以来、毎年フルマラソンに挑戦することにしています。

ランニングコースの変更もあり、年々参加費が上がっています。サラリーマンランナーにとっては、参加費の高騰は痛いのですが、年に一回と思えばぐっと堪えることができます。

 

ざっくりですが参加費は1万円ほど。2年参加したので2万円は使いました。

僕は年に一回しか大会に出ないのですが、沼にハマった人たちはもっと大会費用がかかっているはずです。

 

さらにかかる別の費用

ランニングにハマると不思議なことに他のスポーツに興味の幅が広がっていきます。

僕の場合、水泳とロードバイクです。

 

まずは水泳。

「ランニングができたし、ちょっと他のスポーツもやってみたいな」

「ロードバイクも興味はあるけどちょっと初期投資が高そうだから水泳に挑戦してみよう」

「水着もだいたいこんなくらいかあ。それにしても泳ぐのは小学生ぶりだなあ」

 

というわけで水着とキャップ、ゴーグルを購入しました。総額5000〜6000円という良心的なお値段でひとまず安心です。ただ練習場所は当然プールに限定されるので、使用料がかかります。近所の市営プールの使用料は一回500円です。

初期費用は少ないですが、ランニングコストがそれなりにかかるといった印象です。

 

水泳に手を出したら、次はもう決まっているの同然です。

ロードバイクに挑戦しようと決意しました。

 

「弱虫ペダルとか最近ロードバイクが流行っているみたい。ちょっと調べてみよう」

「すげえロードバイク面白そう。でもバイクって買うとどれくらいするだろう」

「に、20万!?自転車にそんなにお金かかるのか。今はまだ買わなくていいかなあ」

 

 

 

8月のボーナス時期

「買ってしまった…」

 

というわけでロードバイクを購入しました。ロードバイクは車体に加えて、ヘルメット、キーチェーン、空気入れ、ペダル、ウェアを用意しました。総額はぶっちゃけランニング費用の比ではありません。もう相場が違うので仕方がありません。

総額25万円弱です。あぁなんてこった。しかし後悔はありません。いや、してはいけない。

 

こうしてランニング沼だけでは終わらず、もはやトライアスロン沼に浸かり始めているのが現状です。

 

 

コナン君もびっくりです。

 

まとめ

ランニングを始めたら、意外とお金がかかってしまったよという話でした。

お金をかけるかけないは、人によって様々なのでぜひお財布と相談しながら堅実に楽しんでいきましょう。ランニングを趣味にしている人の特徴としては、お金使いには慎重なイメージがあるので、問題はないとは思うのですが…やはり人次第でしょうか。

 

それではまた!