長袖シャツがあれば服を買わなくても一年過ごせる!

モノをあまり持ちたくない管理人です。

 

今年は服をめちゃくちゃ減らして過ごしてきました。

1月から服を捨てまくって捨てまくって、自分の所有物を100個まで減らすというチャレンジまでしました。

 

【関連記事】

絶対に不可能?モノを減らす究極の挑戦!100個チャレンジ実践してみた

 

モノを減らすために必要なことは、一つのモノを長く持ち続けること。

長持ちさせれば他にストックを持っておく必要もありませんし、長い付き合いとなれば愛着が湧いてくるというものです。

服をかなり減らした僕でしたが、それに伴って何か不都合を感じたことは一切ありませんでした。

最初は「毎回この人同じ服着て来てる…やば」なんて思われることを心配していましたが、問題なかったですね。

知り合いに会う機会も頻繁にあるわけでなく、人に会うたびにいちいち自分の服装に神経を尖らせていたくなかったという気持ちもあります。

 

そんなこんなで今年も後半戦に差し掛かりましたが、服に対するストレスを感じることなく過ごしてきました。

 

半袖シャツは全て捨てました

今年に入って半袖シャツを全て捨てました。プライベートも仕事も全てのシャツを統一させました。

冬春は長袖の状態で着ますが、夏は袖まくりでしのぎました。

 

季節ごとに服装を変えるのも、僕の中でひとつのストレスではあったのですが、長袖で統一したことで一気に服装選びが楽になりました。

 

あまり長袖で夏を過ごす人も多くはないと思いますが、やれば意外と過ごせてしまうものです。

 

長袖シャツのメリット

1.通年着れる

・通年着れるから服を買い足す必要がない。

・買い足す必要がないからお金を使うことがなくなる。

・お金が貯まると他の部分にお金をかけることができるようになる。

 

2.着る服が決まっている

・着る服が決まっていると、服を選ぶ時間が必要がなくなる。

・時間が節約できると他の部分に時間をかけることができるようになる。

 

3.まとめ!

お金と時間を節約することができる!!

しかも長く使い続けることができるので愛着が湧く!!!

 

個人的には長袖で通年過ごすことはかなりメリットだと思うのです。

お金が浮くのは誰でも想像ができそうですが、時間までも節約できるのはなかなか気がつかないものです。

 

毎日同じ服でも変じゃない!

よく書店では少ない服で多くの着回しをしましょう!みたいな本が流行って置いてありますが、ぶっちゃけ同じ服が2,3着あればそれでよくね?って思います。

 

同じ服を着回すデメリットとはなんでしょうか?

誰からか不潔と思われるからでしょうか。人に与える印象は大事なので、不潔と思われないための工夫は大事だと思います。

ですが、衣類にシミなどの汚れがついていない、シワはアイロンで綺麗にしてある、異臭もしないサイズもしっかりフィットしている。そんな状態で着てある服装の人を不潔と思うのでしょうか。

あまり考えられませんね。

 

僕は、会社に着ていくシャツは全て同じ白シャツで統一しています。

同じシャツを3着用意して、必ず洗濯をして二日空けてからローテーションさせています。

着ていく前はしっかりアイロンをかけますし、襟元が汚れないように工夫もしています。

 

【関連記事】

白シャツの襟の黄ばみは百円ショップのサージカルテープを使うといいよ

 

毎日同じ服を半年以上着続けてきた僕ですが、会社の人たちには誰にも気づかれていません。

仮に気づかれていたのなら、半年以上同じ服を着ている僕に誰かから声がかかるはずです。

 

仕事だから声がかからなかったのか?

たぶん違いますね。僕が同じ服を着ていても誰も気がつかなかったんです。

それは毎日しっかり洗濯してあるシャツをアイロンをかけて、シミ・シワのない状態で着続けてきたからです。

つまり清潔にしていれば不自然さを感じることなく、毎日同じ服を着ていても問題ないってことが証明されました!

 

まとめ

服が好きでたくさん買いたい!っていう人の気持ちもよくわかります。

ですが、「服を買わなきゃ!」とか「おしゃれ難しすぎてつらい!」っていう人は逆に無理しなくてもいいと思います。

自分にあったスタイルを一つだけ見つけて、それを長く使い続ければいいんです。

そうすれば時間もお金も余裕ができるし、その人自身の個性も出てくるはずです。

 

個性があるからこそ、その人に魅力を感じたりすることができるし、無理が生じることもありません。

服は毎日着るものだからこそストレスなく付き合っていきたいですよね。

僕は服をあえて少なく持つことで、個性が磨かれているような、そんな気がします。

 

ぜひあなたにあった服との付き合い方を見つけてみてください。

それではまた!