モノを減らして最強のルーティーンを作る

毎日ブログ更新中の管理人です。

 

モチベーションを一定に保つことは難しい。

今日はそんな話をしようと思っています。

 

僕は今では毎日楽しくブログを更新していますが、以前は完全に作業化してしまい、ただ更新しなければいけないという気持ちになっていたことがありました。モチベーションを高めようにも、一体どうすればいいのか分からない状態でした。

 

最初はやる気に満ちていたのに、気がつけば怠けてしまっている。人が誰しも経験することだと思います。正直言って、やる気がなくなることは大して珍しいことではなく、誰にでも起こりうることです。モチベーションを保つこと自体が不可能だと言ってもいいでしょう。

 

やる気の低迷時に僕が行ったことは、モノをどんどん捨てることでした。

「ミニマリスト」という言葉が流行し、モノを持たないシンプルな生活に価値を置く人たちが増えたのです。

僕もその考えに共感し、身の回りにあった不必要なモノを削るようにしていきました。

すると不思議なことで、下がっていたモチベーションが徐々に上がっていくことを感じました。

 

ミニマリストを目指す

モノを捨ててシンプルな生活を送る。

簡単そうに見えて、意外と難しかったりもします。

 

あれも必要、これも必要と考えているうちに日が暮れていた…なんてことはざらにあります。しかし何度も取捨選択を繰り返すうちに自分の持ち物が洗練され、本当に必要なモノだけが残りました(まだ選択の余地あり、ではありますが)。

 

モノが少なくなるとどうなるか。

あのメンタリストDaiGoさんの著書『自分を操る超集中力』には「決断疲れ」を防ぐ方法が載っています。

 

つまり人は、行動ではなく「意思決定」で疲れるのです。

疲れているときに物事を先延ばしにしたくなるのは、決断するパワーが残っていないから。だから先延ばしという行動を取るのです。

 

その日に何を身につけるか考えるだけでも、人は頭の中で考えて決断をします。決断にはパワーを使うことになりますが、パワーは一日に使える制限があります。その僅かなパワーを節約するためにも、モノを減らす必要があったのです。

 

決断疲れを防ぐために服を捨てた

ものすごい勢いで着ている服を捨てました。

もう、これでもかっ!というぐらいに着ていた服の数も種類も減らせる限りを尽くして減らしていきました。ここ最近では出かける前のコーディネートに悩んだことがありません。出かける前にすることと言えば、せいぜいシワを伸ばすためにアイロンをかけるぐらいです。

 

手元に残したのは白ワイシャツと黒のズボンです。休みの日はほとんどこのコーディネートが主流で、迷って別の服装にするということはまずありません。というか服自体がもうありません。

なので、出かける前の決断疲れも回避でき、時間も大切に使えるようになりました。

 

さらに僕はずぼらな性格なので、洗濯機を平気で3日溜めたりすることもあったのですが、着回せる服をあまりにも少なくしすぎたので、最低2日で洗濯を回さないと着る服がなくなってしまいます。

そういう性格だからこそ、モノが少ない生活があっているのだと思います。以前に比べて気持ちを楽にして過ごすことができています。あと余計なことに気をとられることもなくなりました。

 

ミニマルな生活が性に合っている

モノを少なくして、身を軽くして、トランクケースひとつでどこにでも飛んでいける身軽さを身に付けたいと思っています。フットワークを軽くすることで、いつでもチャンスを手にいれることができるはずです。

 

決まったモノしか持たないから物欲もなくなります。

物欲がなくなればそれだけお金が貯まります。

貯まったお金は自分の生活のために投資していきたい。

僕にとってミニマリストとして生きることは、絶対にメリットのある生き方だと思いました。

 

ノームコアについて

ノームコアという言葉をご存知でしょうか。

もともとはニューヨークを発信源としたファッションのスタイルなんです。 そのスタイルの特徴は特になく、ジーパンにTシャツを合わせるようないたって普通のスタイル。 ノームコアは”normal + hardcore”の造語で”究極の普通”を意味しています。

引用元:実はとっても奥深いノームコアおすすめのブランド&コーデ紹介

 

究極の普通と称されるように、見た目がいたってシンプルな着こなしのことを指します。

僕は上白シャツ下黒パンツの超ノームコアを体現することに成功しました。個人的にも飽きのこない服装で、見た目も清潔感があるので、とても楽です。

 

これからもシンプルでいこうと思います。

服装もそうですが、思考もシンプルに。

やるべきこと目指すものは変わりません。ただひたすらに、シンプルにです。

それではまた!