筋トレを始めて気づいたこと・勘違いしていたこと3つ

2ヶ月前からジムに通い始めた管理人です。

どうやっても体重を増やすことができなくて、悩んだ結果ジムで筋肉を増やそうと決心し通い始めました。

コツコツと筋トレをしている成果が出始めていて、体重が4kgほど増えました。

ただがむしゃらにトレーニングを行っていたわけではなくて、ネットやYouTubeで情報を蓄えて、それを実践するようにトレーニングに励んできました。

 

今日は筋トレを始めてから得た知識の中で、「そうだったんだ!」と気づいたことをいくつかまとめていきます。

 

体作りは全て数字で計算できる

以前の僕は体重を増やすために、ただがむしゃらに食べていました。

菓子パンをいっぱい食べたり、とにかくジャンクなもの食べたりしたこともありました。

しかしすべて長続きしませんでした。長続きしなかったからこそ成果に身に付きませんでした。

 

筋トレで最も大切な要素のひとつは食事です。

日々の必要な摂取量を満たすことができなければ、いくらハードな練習を行ったとしても、成果に結びつくことはありません。

なので、毎日の栄養素の計算やカロリー計算が必要

これはとてもシンプルなことで、1日に消費するカロリーよりも摂取カロリーが上回れば、体重は増えていきます。ただお菓子を爆食いすればいいのかというとそうではなくて、タンパク質・脂質・炭水化物のバランスを全て完璧にして、クリーンなバルクをする必要があります。

 

トレーニング内容も非常に大事なのですが、それを生かすためには日々の食事内容も見直すことが良いと言うことがわかりました。

 

ちなみにおすすめの栄養管理アプリは「MyFitnessPal」。とても使いやすく毎日愛用しています。

 

ボディービルは気持ち悪いことではない

YouTubeでいつも参考にしているのは、筋肉ムキムキの人たちが筋トレについて解説している動画です。

一般人からボディービルダーを見たときに、筋肉がありすぎて気持ち悪い、ナルシストっぽくて嫌だ、などと言うネガティブな気持ちを抱く人は多いんではないでしょうか。

実際に僕もそうで、ボディービルダーはちょっとどこか別な存在と位置づけていたこともありました。

 

しかし筋トレを始めて、体のことを勉強し始めるようになってからは、彼らのことを気持ち悪いと思ったことは一度もありません。むしろ肉体美を追求するといった面では、男として非常に憧れる存在だと思っています。

 

憧れる要因の一つとしては、彼らが努力の塊だということがあげられます。

彼らにとっては生活すべてがトレーニングであり、食物や運動量、水分量までを緻密に計算し生活をしています。並大抵の人ではできないことを、彼らは毎日毎日、積み重ねているのです。

体を鍛えるだけではなくて、頭でも計算をしているわけですから、イメージの中にあった「筋肉マッチョは単細胞」などという思い込みは完全に崩れ去りました。

 

勉強し始めてからボディービルという存在に、大きな壁を感じることはなくなりましたが、この壁がより多くの人から取り除けたらいいなと個人的には思っています。

 

野菜不足は野菜で解消できない

筋トレを始めてから毎日のように鶏胸肉を食べています。

これは筋肉に必要な栄養素のタンパク質を多く摂取する必要があったからです。

あとはご飯を必ず大盛りで食べたりして、体重を増やす努力を続けてきました。

しかし一方で、肉ばかりを食べて他に食べなくなった食材もあります。

それが野菜です。

 

タンパク質や脂質、炭水化物の1日の摂取量はお腹いっぱい食べれば何とか達成することができますが、野菜に関してはほぼ不可能です。

なぜならば1日に必要な野菜の量は350gと言われており、お米に直すと約一合になります。

おなかいっぱい食べた上にさらに一合分の野菜を食べることが今の僕にはできません。

ぶっちゃけ言うと、これからやるつもりもありません。

 

胃にかなり負担をかけてしまうのと、現在は野菜がかなり高騰しているので、我が家の食費はそこをついてしまうことになるからです。

ではどうするのかと言うと、ここでサプリメントに頼ります。

サプリメントも一般人にとってはあまり良いイメージがないかもしれません。

しかしサプリメントもうまく使いこなすことができれば、野菜よりもうんコスパがいいですし、必要な栄養素を確実に、しかも必要な分だけ取ることができるので、これもおすすめです。

とは言えまだまだサプリメントに関しては知識がないため、いろいろ試してみて自分に合っているかどうかを探している最中です。

試しに大塚製薬の『マルチビタミン&ミネラル』と言う商品を購入しました。50日もあるので試してみて結果が良ければしていきます。

 

 

まとめ

そんな感じで日々、いろいろなことを学びながらトレーニングを積んでいます。

あと一ヶ月もすると、ジムに通い始めてから3ヶ月が経ちます。

体の変化、頭の変化に意識を傾けて、これらもトレーニングに励みます。

 

それではまた!