懸垂のメリットが半端ないらしい

上半身を鍛える年にしよう。

 

毎日走っているけど鍛えられない上半身

僕は毎日10km走っていて、足の筋肉と腹筋はある程度鍛えることができています。

しかし上半身は以前としてペラペラのまま。

もともと痩せ体質なので、鍛えていないと一層貧弱に見えてしまいます。

 

 

過去にダンベルを購入したりして上半身のトレーニングに励んだりもしましたが、結局長続きせず。

終いにダンベルなどの筋トレ器具はすべて手放してしまいました。

 

 

腕立てふせをすると頭が痛くなるし、すぐ横になってしまうので長続きせず…。

このまま貧弱な体のまま一生を終えるのではないかと不安に怯える日々を過ごしていました。

 

 

簡単にかつお金をかけずに上半身を鍛える方法を見つけた!

それは小学生の頃やっていた「懸垂」です。

懸垂にはメリットがかなり多くあるようで、

 

 

・懸垂は自重運動の最高峰

・逆三角形の背中づくりに効果絶大

・お金がかからない

・走ったついでに公園の鉄棒でできる

・10~15回×2セットを目安に行うので時間がかからない

・握力も同時に鍛えられる

 

 

今まで貧弱な体をしていた僕が、ついにムキムキマッチョメンになれる日が来るかもしれない。

 

 

今は5回しかできないけれど…

「よし!」と意気込み、近所の公園の鉄棒にぶら下がって懸垂してみたけど、まぁ全然できないよねー…って感じです。

 

連続で5回できれば良い方。

しかも正式なやり方ではなく、肘を曲げたまま何とかこなすことができるという。

しかし効果は絶大のように感じます。

なぜなら腕にめちゃくちゃ負担がくるから。

 

 

お金もかからないし、一日5分かからないくらいでマッチョになるんだったら試してみる価値があるかもしれません。

 

いや、絶対にやろう。

 

 

女子よりもか弱い上半身

高校の頃、ハンドボール投げと握力が異常に弱く運動部の女子に遅れをとっていました。

空手部だったのに、その力のなさに自信を失ってもいました。

 

 

しかし2016年は違います!

そのトラウマを解消すべく今年は上半身を鍛え抜くことを誓います!

 

 

夏には人様に見せられるような上半身になっていることでしょう。

アメリカ映画で出てくるようなマッチョを目指して、今日からランニングと懸垂の両輪を始めてみます。

 

 

ひとまずの目標は正式な懸垂で10回ワンセットをこなすこと。超回復はとりあえず無視して毎日やってみようと思います。

 

 

黒づくめのウインドブレーカーで懸垂している男性を見つけたら、もしかしたら僕かもしれません。

その時はそっとしておいてあげてください。

 

それではまた!