遅延型フードアレルギーの検査結果がやばすぎた…

年始に遅延型フードアレルギーの検査キットを注文し、血液を検査センターへ送っていました。

 

 

今回、検査に出してからおおよそ2週間もかからずに結果が送られてきたので報告します。

 

 

最初に言っておきます。

 

 

僕はこれから何を食べて生きたらいいのでしょうか。

 

 

 

 

【関連記事】

遅延型フードアレルギー検査を申し込んでみた!

 

遅延型フードアレルギー一覧

今回検査したのは食品120項目のアレルギー検査です。

まずは結果の画像をご覧ください。

 

 

 

 

 

これはひどいと言わざるを得ません…。

 

今までの食事改善は全て無駄だった?

トレーニングを始めてから今までの食生活を見直してきました。

普段飲まなかったプロテインを飲んだり、オートミールを食べるようになったり、納豆やアーモンドを積極的に摂るようになりました。

 

 

と同時に、今までできなかったような巨大なニキビができたり、何かと肌トラブルに見舞われたりもしていました。

 

 

即時型アレルギーの検査では、食品に対しては何一つ反応していなかったのですが、「ここまで肌荒れするのは何かがおかしい」と思っていました。

そしてこの検査結果です。

やっぱり食事と関係があったことは間違いありません。

 

 

深刻な肌荒れが起こった頃、僕はプロテインとオートミールをミキサーにかけて飲んでいました。

このアレルギー検査の結果からすると、最悪の組み合わせです。

 

 

ニキビはできるし、常にガスでお腹が張っていた状態でした。

野菜不足とか食物繊維が足りないとか、そういう問題ではなく、ただ単純にアレルギーだった。

この結果からはそう読み取るしかありません。

 

 

そして最近の僕の食事は、

朝:白米1号・納豆・味噌汁

昼:白米1号・ブロッコリー・鶏胸肉

夜:白米なし・ほかは好きなものを食べる

という感じでした。

 

 

これでも健康に気を使って食べていたつもりだったのですが…

 

 

筋肉を増やすためにたくさん食べるようにしていた僕は、

白米に関しては「気を使って」たくさん食べるようにしていました。

納豆は体にいいと思って食べていました。

味噌汁も飲んだ方がいいと思い、豆腐入りの味噌汁を最近作るようになりました。

 

 

しかしこれら全てがアレルギーに引っかかっていたのです。

白米がアレルギーって、僕は生まれたときからずっとアレルギー体質だったのでしょうか。

 

 

またトレーニーのお供であるブロッコリーも反応を示していました。

鶏肉が反応なしなのが不幸中の幸いといったところでしょうか。

 

 

食生活を一変させる遅延型フードアレルギー検査

この検査結果を元に、とりあえず一週間はアレルギーの食材を避けた生活を送ろうと思います。

つまりは、ご飯も食べず味噌汁も作らず、納豆も食べません。

レベル「2」以下の食材だけで生活を送るつもりです。

 

 

しかし100%回避することはとても難しく、醤油などの調味料に「大豆」が含まれていたりなど、避けられない場合もあります。

また一人で暮らしているわけではないので、パートナーの食生活に合わせなければいけない部分もあります。

そんな中でも極力、アレルギー食材を避けて生活をします。

 

 

まずはご飯を食べないところから。

そのためにはほかの食材で炭水化物をカバーするしかありません。

スーパーで安く売っているのは「かぼちゃ」や「さつまいも」です。

ですが、さつまいもは反応があるので、僕が選べる選択肢はかぼちゃしかありません。

 

 

僕の今後の主食はかぼちゃで決定のようです。

 

これからのアレルギーを避けた生活に期待

トレーニングをするものにとっては、食事管理はかなり大切です。

良かれと思って食べていたあの食材やこの食材は、実は僕にとってはマイナスだったのかもしれません。

少なくとも肌にはモロに影響が出ていたのは間違いありません。

 

 

これからはなるべく自分にあった食材だけを食べるようにして、少しでもいい体つくりをしていきたいです。

 

 

また体に変化があれば都度報告していきます。

 

それではまた!