カーペットを捨てたら掃除が捗るようになった

ミニマリストになるぞと意気込んでいる管理人です。

 

最近、カーペットを断捨離しました

アパートに引っ越してきた際に、何となく購入したのですが、よくよく考えたらカーペットって必要かな?と思ったのがきっかけです。

捨てるとしてもかなり大型になるので、部屋の片隅に置いているのですが、次回のごみの日に捨てる予定です(もしくは集荷?)。

 

トイレマットもありません

カーペットのほかに、我が家にないものとしてはトイレマットが挙げられます。僕の強い要望で「トイレマットはしかないで欲しい!」と妻を説得し了承を得ました。

 

引っ越す前に、部屋を少しでも綺麗にしようと思った僕は、家のトイレも綺麗にしようとしていました。ネットで検索をかけていると、大抵の家ではトイレマットを使っていないことがわかりました。

その理由は以下のとおり。

・いろんなものが飛び散ったりするので汚れやすい

・洗うのも手間がかかる

とのこと。

 

確かに、飛び散ったりしたマットの上に足は下ろしたくないですよね。

そんなものを同じ洗濯機に突っ込んで洗いたくはないので、実家のトイレマットも断捨離しました。

今ではスリッパ一足を置いてあるだけ。ぶっちゃけこれだけで事が足りています。

 

要するに汚したくないし、手間もかけたくないのでトイレマットは使わないことにしているのです。

 

カーペットもトイレマットと同じ

翻ってカーペットについても同じことが言えます。

 

茶色いカーペットを敷いていたのですが、その上には髪の毛やホコリなどがたくさん落ちていました。定期的に掃除機で吸い出すものの、やはり目には見えないごみたちがうじゃうじゃいるのです。

また洗うことも難しく、一年使ってきましたが一度も洗ったことがありません。さらには干す場所もないので、天日干ししたこともなかったのです。

 

その上に毎日のように寝転がっていたのかと考えると…いや考えますまい。

 

とにかくカーペットもトイレマットと同じ要領です。

汚したくないし、手間もかけたくないのでカーペットを断捨離することを決めました。

 

カーペット断捨離のメリット

・部屋が広く感じる

フローリングが見えるので部屋が広くなったように感じます。

もともと二人で住むために決めたアパートで、広さは1LDKと狭くはないけれど広くはないスペースです。そこにいろんなものを置いたり、敷いたりしたのでちょっと窮屈かもと最近感じていました。

カーペットを手放すことで、いままでになかった開放感を感じることができました。

 

・掃除がしやすい

カーペットを敷いていたときは、カーペットの毛にいろんなごみが絡まったりして、掃除機を使っても掃除をしている実感がありませんでした。

フローリングではごみが絡まるなんてことは一切ないので、掃除機がけがとてもしやすいです。

水をこぼしてしまったとしても、さっとひと拭きすれば済むので簡単。

これがカーペットの上だと大惨事になります。一番よくないのは、シミになって残ってしまうこと。

 

フローリングの上に落ちたごみは発見がしやすいので、「あ、汚れてる」と意識することができます。カーペットに落ちたごみはなかなか見つけにくいので、つい掃除をサボりがちです。

掃除をサボらないためにも、カーペットの断捨離は非常に効果的だと言えるでしょう。

 

カーペット断捨離のデメリット

・冬は床が寒く感じるかも

まだ暖かい季節なので問題ないのですが、床に何も敷いていないと冬が心配です。

床暖房なんてあればいいのですが、当然そんなものはないので、床からの冷気対策が必要になりそう。

 

冬だけ暖かいスリッパを買うとか。はたまた冬だけカーペットを敷くとか。

いずれにせよ寒い季節になってみないと分かりません。ここはちょっと実験的になってしまいますね。

 

・床が傷つかないか心配

モノをよく落とす管理人です。

今までカーペットというクッションがあったので、床を傷つけないで済みましたが、今は完全にむき出しです。モノを落とさないように、またこぼさないように。今まで以上に神経質にならなければいけないなと思ってます。

 

ごみを落とすぐらいであれば、掃除機をかけるだけで済むのですが、傷をつけてしまったら一巻の終わりです。賃貸での傷は退去費がかさんでしまうので要注意です。

 

ライフスタイル合わせた断捨離を

カーペットを断捨離した我が家は、いま床にクッションを敷いて直座りしています。一年ぐらい床に座しているのですが、カーペットを捨てたことでさらに硬さが増したように思えます。

おそらくはテーブルと椅子も新調することになると思います。なぜかというと腰が痛くなってきたからです。

ブログを書いていると何度も腰の位置を動かすのは、おそらく床に座っているからでしょう。

 

理想の部屋づくりはまだまだ遠いですが、シンプルで住み心地のいい空間を作っていきたいものです。

それではまた!