快眠を得るために晩ご飯を抜く生活をスタート

帰宅時間がいつも21時を過ぎる管理人です。

 

残業がない日は20時台に帰ってこれる日もあるのですが、基本的に21時を過ぎて帰宅しています。

そこから晩ご飯を食べて就寝するといった生活リズムなのですが、ふと疑問に思いました。

寝る前にご飯を食べるのって睡眠に悪影響を及ぼしているのではないのかと。

 

 

寝る前に食べると良いとされている時間帯は3時間前までと言われています。

それまでに食べておかないと睡眠は体を休ませるどころか疲れさせることになりかねません。

 

 

・成長ホルモンが分泌されなくなる

・胃腸にダメージを与える

・肌荒れの原因につながる

 

 

まさに悪影響のバーゲンセール。

ちなみに今までの生活リズムは、21時に帰宅してご飯を食べ終えるのは22時くらい。

そこから寝るのは23時となれば、食べてから寝るまでは1時間しか空いていません。

食べてからすぐ寝るのは体に良くないと言われていますが、社会人になってからのそれはかなり悪いです。

 

 

学生の頃は19時までには帰ってきてご飯を食べていたのに、働いてからはみるみる生活リズムが崩れてしまいました。

学生時代の生活リズムを取り戻すことは不可能かもしれませんが、なるべくあの頃に似せた生活をしていきたいもの。

目指すはストレスフリー、快適な生活を目指します。

 

 

というわけで今日から(実際には一昨日ぐらいから)、夜の21時以降は食べ物を一切口にしない生活をスタートさせます。

お腹が空いていてもタイムオーバーであれば何も食べません。

襲い来る空腹感には水分と早めのシャワーで気を紛らわせるようにすれば大丈夫(なはず)。

 

 

しばらくは一食抜いた生活を続けることになりますが、それが快眠・快適な生活に結びつくのであれば儲けもんです。

ちなみに前回は朝食抜きの生活を試してみたのですが、思ったよりもメリットを感じることが出来ずに途中でやめてしまいました。

【関連記事】

朝食抜きの半日断食@2週間目

 

 

今回は長く続くのかしら、再び人体実験がスタートします。

それではまた!