社会人になってからあのレベルアップ音は聴こえているか

f:id:tobutori00:20150918142646j:plain

小学生だった頃、ゲームボーイのソフトで流行っていたテリーのワンダーランドにめちゃくちゃハマっていました。

その熱が冷めないまま高校生ぐらいまでゲームで遊んでいました。

 

モンスターを大切に育てて、強くする感覚。

 

あの頃の感覚は大人になった今でも忘れられません。

 

社会人になってから、ゲームはほとんどやらなくなってしまいましたが、あのレベルアップの感覚は、大人になった今とても重要なんじゃないかと思っています。

 

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D

 

 

大人になってから思い出す「テレレレッテッテッテー♪」

ドラクエのレベルアップ音って知ってます?

テレレレッテッテッテー♪ってやつです。

 

ゲームの序盤ではスライムなどの雑魚敵を倒して、レベルをあげていきました。

はぐれメタルという通常の敵よりも多い経験値をくれるモンスターがいて、倒すと一気にレベルアップするのが快感でした。

 

経験値を貯めてレベルを上げる。

どのゲームにもあるルールです。

 

レベルアップはゲームの世界だけと思われがちですが、しっかりと実世界でもその瞬間は訪れます。

 

リアルでのレベルアップの瞬間

僕がやっているは【本を読む】【ペン字練習】【ブログ更新】【10kmラン】の4つです。4つとも共通して行なっているのは記録を取るということです。

 

本は購入履歴

ペン字練習はテキストの進み具合

ブログは投稿数

10kmランはアプリの計測記録から

自分がどれだけ進めてきたのかがわかります。

これってドラクエでいう経験値集めと一緒ですね。

 

リアルでのレベルアップは、ドラクエのように目に見えてわかるときもあれば、あまり感じられないこともあります。

何せ街中でスライムが出てくるわけでもないし、剣や盾を持って敵と戦うこともありませんから。

 

しかし、テレレレッテッテッテー♪のレベルアップ音が聴こえる瞬間は必ずやってきます。

 

その音を聴くことができるのは記録を取り続ける者のみです。

 

 

始めたばかりの1日目と、練習を続けた3ヶ月目とでは明らかに数値によって違いが証明できるはずです。

僕が続けているランニングを例に出すと、1日目は10km走るだけで筋肉痛が酷かったのですが、3ヶ月目ではなんとフルマラソンを走破することができたのです。

その瞬間、テレレレッテッテッテー♪がはっきりと聴こえました。

 

大人になってゲームはほとんどしなくなりましたが、代わりに人生という巨大なゲームをやっている気分でいます。

そして何かを積み重ねるということはドラクエでいう経験値集めと一緒です。

 

巨大な壁が立ちはだかったとき、そいつははぐれメタルだと思えばいいんです。

倒せば大量の経験値とテレレレッテッテッテー♪の音が聴こえてくるはずです。

 

大事なのは積み重ねてきた記録を見ること

ドラクエは冒険の書に記さなければレベルアップしてもデータは残りません。

現実世界も一緒です。

しっかりと記録をつけて自分が今どれくらいの位置にいるのかを確認することが大事です。

 

 

今日はそんな感じ!

それではまた!