ランニングを2週間以上休んで思うこと

毎日ランニングをしていた管理人です。

膝の調子が悪くなってから、ランニングを休んでいます。ブログでも何度か書いてはいるのですが、昨年のフルマラソン大会で左膝を疲労骨折したために、今でもその症状を引きずって、トレーニングしたり、休んだりを繰り返しています。

 

6月に入ってから、一度もランニングをしていないので、気持ちも心も体もたるんできたように思います。

こんなに長い間走らないことは滅多にないと思うので、今日は「毎日走ってきたらランナーが、突然走ることをやめたらどうなるのか」をまとめていきます。

 

テンションが上がらなくなる

もともとテンションが高い人間では無いのですが、ランニングをしていた頃に比べて、圧倒的に何事にもやる気が上がらなくなりました

 

そもそもランニングは自分と向き合うための時間。いろいろなことを思い出して反省し、そして前に進むための大切な時間でありました。

ほぼ強制的に1時間、自分と向き合うための時間を設けていたのですが、その時間が今は全くありません。

運動によって得られる自己啓発的な部分がすっぽり抜けてしまったので、このやる気のなさにつながっているんだと思います。

 

夜なかなか寝付けなくなる

毎日走っていた頃は、ベッドに行くとすぐ眠たくなって、気づけば夢の中にいたのですが、今はそんなことがありません。

毎日それなりに走って体力を消耗していたおかげで、体力を余すことなく夜はすぐ眠りにつけたのですが、現在は体力が余ってしょうがありません。

 

仕事がある日でも、どこか不完全燃焼な気持ちで1日を終えてしまうこともあります。まぁこれに関しては仕事にやる気がないだけなのかもしれませんが。

この不完全燃焼の期間が続いているがために、寝付きも悪くなったし、この有り余る体力をどこにぶつけたらいいのだろうかと悶々している次第であります。

 

筋力が落ちている気がする

自宅の体組成計で体重や体脂肪率を計ってみるものの、2週間休んだばかりでは今のところ影響は出ていません。ただしかし、体感になるのですが体が鈍ってきているような気がしてなりません

 

ランニングのほかにロードバイクのトレーニングをしていたのですが、大事を見てそれも今は練習を止めています。

先生が週に1回か2回程度の水泳だけが僕の唯一のトレーニングとなっています。

正直そのトレーニング内容では全然足りないのです。体力も余るし、負荷が足りない。

水泳ともなると市営プールにまで足を運んで練習をするんですが、仕事がある人なれば、その時間も取れなかったりもします。

 

場所も時間も選ばないランニングを早く再開したい気持ちでいっぱいです。

 

とりあえずストレッチは欠かさない

今まであまりやってこなかったのですが、休んでいる分ストレッチなどをして筋肉をほぐすようにしています。

特にお風呂上がりは一番体が伸びやすいので、簡単ではありますがしっかり筋を伸ばすよう意識してストレッチをします。

 

余談なのですが、フローリングだとかかとが痛くでストレッチがしづらいんです。かといってベッドの上だとまっすぐ膝を伸ばせなかったりするんですよ。ヨガマットとかを敷いてストレッチしたらいいんですかね?

 

1ヵ月休んだらとりあえずは再開予定

6月はまるまる休むことに専念します。そして7月1日からはまたランニングを再開しようと思っています。疲労骨折の回復の1つの目安としては、1ヵ月後がその期間に当たります。

7月1日からできれば10kmランニングを再開して、全く問題がなければそこから毎日ランニングを再開。

ただ少しでも膝に痛みや違和感を感じた場合は、直ちに医者に通うようにします。

何せ次のトライアスロン大会は9月を予定しています。内心焦っているのですが、着実にトレーニングと療養を積み重ねていきたいと思います。

 

それではまた!