ランニングが趣味として非常にコスパが良い理由

毎日10kmラン継続中の僕です。ランニングって本当にお金がかからない趣味の代表です。ウェアなどは一度揃えればダメになるまで着尽くせるので、最初の投資さえできればオーケー。

究極を言えば、0円で趣味が出来てしまいます。

今日はそんなランニングのコスパの良さを紹介していきます。

シューズさえあればいい

靴が一足もないという人はいませんね?

実は靴さえあればランニングって出来るんですよ!

…当たり前のことですが。

 

欲を言えばランニング専用のシューズが用意出来れば一番いいですね。

ランニングシューズのメリットは、足が疲れにくい、速く走れる、デザインがかっこいい、そしてモチベーションが上がります

ランニングもフルマラソンを速く走るためのシューズなのか、あるいは日常のジョギング程度で履くのかで選び方が変わってきます。

ランニングシューズを購入するときは、ぜひ専門店で店員さんにアドバイスを求めるといいでしょう。

ちなみに僕のオススメはアディダスのブーストです。

 

 

道具がとにかく安い

ゴルフをやろうと思うと、道具を一式揃えるのに10万円くらいはかかります。スノーボードもそれくらいかかります。(いずれもお金がかかりそうな趣味の代表を挙げました)

道具を使う趣味だと必ずかかるのは、決して安くはないお金です。やりたい気持ちを削ぐ一番の要因は、お金がかかるからどうしようといったところだと思います。

ランニングはお金を全然使いません。基本的にランニングシューズさえ揃えてしまえばあとは自由です。こだわってウェアなどを揃えていけば、多少金額はかかりますが、それでも他のスポーツに比べても安いことは確かです。

シューズ・・・1万円前後

Tシャツ・短パン・・・1000円〜。ユニクロでOK

ウィンドブレーカー・・・上下セットで8000円〜

金額はあくまで目安です。もっと安いものがあるかもしれませんし、すでに持っているものを利用するのも有効的ですね。

 

タイム計測はスマホでできる

僕はRuntasticというスマホアプリを使ってタイムと距離を測っています。毎日10km走ることにしているので、正確な距離が知りたいので、アプリ計測は必須です。

計測するためにはGPS付きの腕時計などが必要となりますが、スマホのアプリを使えば基本0円です。有名なガーミンのランニングウォッチだと大体3万円〜の価格になりますが、それがタダで使えてしまうのはかなり嬉しいですよね。

スマホで計測する場合はスマホポーチがあるとなお良いです。ズボンのポケットに入れて走ると飛び出してしまう可能性があります。何より中で揺れてランに集中できません。

 

場所代がかからない

ゴルフやスノボでかかる費用に場所代があります。打ちっぱなしだと何球1000円とかリフト券とか。一回の料金はそんなにかからなくても、塵も積もればなんとやらです。インドアスポーツでもジム代とかがかかります。こう考えると趣味とお金の関係は切っても切り離せないもののように思えます。

ランニングは場所代が0円です。家から一歩踏み出せばそこがトレーニングルームです。無限大に広がるフィールドを縦横無尽に駆け回ることができ、好きなとき好きなだけ利用することができます。0円で制限のない環境で楽しめるのはランニングの大特権と言えるでしょう。

ただ注意事項としては天気が変わります。雨の日や雪の日もあるでしょう。毎日同じ天気で走ることは難しいですが、悪天候のときは悪天候なりにトレーニングをするつもりでいればいいのです。

僕は雪道で走り続けたこともありますし、嵐の中で走ったこともあります。試してみれば意外と楽しく、全てがいいトレーニングになったなと思います。乗り越えた後は、晴れの日のランが楽で仕方ありません。悪天候でもトレーニングができること。これもまたランニングの特権のひとつです。

 

成果を試したい方へ

ランニングを続けていると自分がどれくらいのレベルにいるのか知りたくなるものです。そういった方はマラソン大会にエントリーするのもいいかもしれません。大勢のランナーと一緒に走る機会はそうそうありません。基本ランニングは一人でするものですが、他の人と競り合うとタイムは一段と速くなったりもします。

参加費は大会ごとに異なりますが、おおよそ5000円前後が多いみたいです。ちなみに地元の新潟シティマラソンは9720円(税込)とかなり割高ではあります。

1万円以内で道路を貸し切って走れるなんて、考え方によってはとても貴重な体験になりますよ。沿道から声援を受けながら、給水ポイントでスタッフさんから「頑張れ!」と言われて水をもらったり。普段のトレーニングでは味わえない幸福感が得られます。

僕は一年に一回は腕試しのつもりで大会に出ています。マンネリ解消にもなりますし、お祭りのような感覚でとても楽しいのでオススメです。

 

まとめ

Tシャツ4着、ジャージ2着、靴下6着、スマホポーチ、ランニングシューズ、ウインドブレーカー、キャップ、防水付きブルートゥースイヤホン

以上が僕が所有しているランニング道具一式です。どれも高いものは利用しておらず、高くても一万円以内ぐらいで収まるものばかりです。道具にお金をかけるのは、正直いって後からいくらでもかけられます。

一番残念なのは、お金に気を取られて初めの一歩を踏み出せないことです。ランニングは一度揃えれば、壊れない限りずっと使っていけます。ぜひコスパのいいランニングライフを送りましょう。

それではまた!