グリーンスムージーを1ヶ月続けてみた【効果と材料とランニングコスト】

毎日健康食の管理人です。

 

筋トレを始めてからというもの、毎日の食事にかなり気を使うようになりました。

人の体って食べたもので形成されているんですね。

当たり前のことですけれど、当たり前だという意識は今までありませんでした。

 

 

どれだけハードなトレーニングを積んでも、栄養補給がしっかりされていなければ大きな体はできません。

理想の体を手に入れるための食事はどんなものか?

食事に関しては奥が深くて、まだまだ答えに辿りついてはいません。

 

 

ハードトレーニングを積んで、大きな体を手に入れるための食事はどんなものでしょう。

基本的にはタンパク質多めの食事を摂ることです。

 

 

しかし、タンパク質だけを摂っていると当然体にはよくないことが起こります。

腸内環境が悪化し、体調不良、肌荒れなどを起こしやすくなります。

 

 

そこで大切なのが「野菜」です。

タンパク質過多な食生活を意識するあまり、大切な野菜がすっぽり抜け落ちてしまいがちです。

僕も筋トレを始めてから最初の3ヶ月くらいはあまり野菜を意識していなかったのですが、今では野菜を食べるように意識しています。

 

 

効率を求めた結果、今では「グリーンスムージー」を作り毎日飲む習慣ができました。

今日は僕が毎日飲んでいるグリーンスムージーの作り方や効果について紹介します。

 

グリーンスムージーの必要な材料

りんご・・・1/2個

ほうれん草(小松菜でもOK)・・・50g

バナナ・・・1本

ブルーベリー(冷凍)・・・20g

水・・・400ml

 

材料はこれだけ。低カロリーでかなりヘルシーなスムージーが出来上がります。

気になるのは材料費ですよね。

 

りんご(1個)・・・100円

バナナ(4房)・・・100円

ほうれん草・・・130円〜200円

ブルーベリー(400g)・・・500円

 

なるべく安いものを選ぶようにしています。

高かったら毎日続けることができませんからね…。

実質1日100円くらいで続けられることになります。

 

ただ野菜や果物は生ものなので、季節によって変動します。

ほうれん草なんかは今時期かなり高いですよ。

近所のスーパーでは300円のところもありました。

普段は100円ぐらいなのに、おそるべしほうれん草。

 

グリーンスムージーの味は

「グリーン」といいつつ果物の割合が多いのがミソです(笑)

そのおかげでかなり飲みやすく、美味しいスムージーになりました。

 

 

バナナの甘みとりんごとブルーベリーの酸味がいい感じです。

ほうれん草のシャキシャキ感も少しだけあるので、しっかり「食べてる」って感覚もあります。

ダイエットしている人にもオススメできますね。

 

グリーンスムージーを作るために必要な道具

スムージーを作るときは電動ミキサーを使います。

前使っていたミキサーが壊れてしまったので、最近新しいものを買いました。

 

 

そんなに大きくはないので、野菜や果物は包丁で一口大に切ってから放り込みます。

出来上がったスムージーはコップに移すのも面倒なので、そのままミキサーを手に取って飲みます。

 

グリーンスムージーの気になる効果は

野菜を摂らなかった時期に比べてニキビが減ったような気がします。

あとは胃と腸の調子がよくなりました。

 

 

もともと便秘体質ではないのですが、そこにさらに磨きがかかった感じですね。

 

 

夜中にお腹が空いたときに、ご飯は重たいけどスムージーだったら翌朝に響かないので、置き換えで飲むこともあります。

 

 

無理なく続けられるグリーンスムージー。

筋トレにもダイエットにもおすすめです。

 

 

それではまた!