走行距離300km超。アプリ、花粉、カロリー消費。3月のランニングを振り返ります

3月も無事に毎日10km走ることが出来たので報告と感想を書いていきます。

さよならNike+

今まで使っていたランニングアプリのNike+がほぼ動かなかったので使うのをやめました。いつも通りアプリを立ち上げようとすると、アプリが起動画面のままフリーズ→ホーム画面に戻る仕様でまともに使えませんでした。幾度かのアップデートでアプリは立ち上がるようになったものの、いつ落ちるか心配で未だに利用できてません。

昨年フルマラソンを完走した後も、ワークアウト終了後にデータ保存がされずアプリが落ちたという苦い経験もありました。

5605kmぐらいまで一緒に走り続けてきたランニングアプリですので、思い出がたくさんありますし、手放したくない気持ちの方が強いです。無料で使えて音声フィードバックやSNSとの連動機能はまさにランニングアプリの中でも神クラスだと思います。

いつかまた安心して使える日が来たならば。その時はまたNike+と一緒に走りたいと思います。

 

こんにちはRuntastic

Nike+に一旦別れを告げ、僕がいま利用しているのはRuntastic。無料で利用できるランニングアプリはNike+かRuntasticの二強ではないでしょうか。どちらもランニングアプリの王道といった感じです。

使って見た感想としては、悪くないです。ただNike+に慣れてしまっていたせいか、比べるとやや不満もあります。

・音声フィードバックが2kmまでしかつかない。

・よくアプリ内で広告が出る

これらを取り除くには有料会員(月間1200円)になってくださいねということなんですが、今のところアップグレードの予定は無し。無料で使っていているのであまり文句は言えないのですが、音声フィードバックがないと、いちいち10kmを目視で確認しワークアウト終了を押さないといけないので面倒です。

また、走り出そうと思ってアプリを立ち上げると、先に広告が出てくるので萎えます。

 

アプリ替えをして何よりも萎えたのが、(これはアプリの性能は関係ありませんが)他社アプリとワークアウトを同期させることができないことです。いままでNike+で走った5605kmとRuntasticで走った距離を合わせると、6000kmは超えています。

考え方ではあるのですが、その距離も今ではリセットされてしまった感覚が拭えません。

アプリを利用するときはずっとそのアプリを使っていくことができるかどうかも選ぶ基準になりますね。これからランニングを始める方で、ランニングアプリを使うという方はぜひ注意して選びましょう。

とても走りやすかった3月

1月や2月に比べて3月は圧倒的に走りやすい月となりました。もう季節は春に向かって暖かい日が増えました。道端ですれ違うランナーも増えたので、仲間意識がむくむくと沸き立ちます。

雪道で走ることもありませんし、気温が高くなってきたので、今後は軽装で走ることも可能です。よりタイムを狙って毎日走ることができそうです。

思い返せば冬のランニングは過酷でした。手がちぎれそうなほど極寒で、シューズの中には冷水が忍び込んでくるものですから。ずいぶん寒さ耐性がついたのではないかと思います。とはいいつつも当方慢性の冷え性持ちではございますが。

冬場のタイムも平均して60分以上かかることがざらだったので、あまりスピード感なく走っていたという感じです。これからはどんどん加速していこう!(希望)

花粉について

気になっていた花粉ですが、今年は花粉症が発症することもなく走ることができそうです。朝起きた時に若干の鼻づまりと目が痒かったりするぐらいで、ランニング時に鼻がつまって息が苦しいなんてことはありません。とりあえずホッとしています。

統計

3月は31日間走り続けました。

走行距離は310.4km。費やした時間はなんと30時間!消費カロリーは20,300kcal!

Nike+だとランニングに費やした合計時間は出ませんでしたが、Runtasticだと出るんですね。にしても30時間は結構いい時間使ってるんだなといった印象です。約一日1時間といったところでしょう。

カロリー消費量も一ヶ月の合計で見ると半端ないですね。僕の基礎代謝量は一日1500kcalほどなので合計すると66,800kcalは一ヶ月で消費している計算になります。なるほど、通りで太ろうと思っても太らないわけです。

今後のレースに向けて

今年は村上・笹川流れ国際トライアスロン大会に出場したいので、これから水泳やロードバイクにも力を入れていくことになります。ただ今回改めて思ったのが、カロリー消費が多い割には、摂取するカロリーが少ないので疲労で倒れないようにしなければということです。トライアスロンは他のスポーツと比べてもカロリー消費が激しいですし、何より死に近い競技です。

安全面も含めて鍛えていかないと後悔する結果になるので、早め早めで行動していきたいと思います。以上、3月のランニング振り返りでした!

 

それではまた!